同友会活動における情報化推進のあゆみ

Ⅳ.同友会の組織活動の支援〜対外的発信と組織戦略への組み込み

先の項にあるように、2001年に「同友会活動におけるインターネット活用にあたっての考え方」が発表され、中同協情報化促進検討会は全国会員データベースが、経済交流のきっかけづくりの一環として立ち上げられてきました。

これらは歴史的に見れば、その後展開される広報戦略や組織戦略としてのASP構想などの環境整備・基盤づくりの時期となっています。2005年に47都道府県すべてに同友会が設立され、中同協がその名のとおり全国の協議会となることで、対外的にも同友会の顔を担い、インターネット上における情報収集・発信の役割がさらに大きくなっていきました。

1.対外発信:中小企業家同友会のポータルサイト「DOYUNET」の誕生

(Ⅰ)DOYUNETオープンとともに更新情報の配信、メールマガジンへ

中同協情報化促進検討会では、中同協のホームページのリニューアルにあたって、中同協が各中小企業家同友会の協議体であるという本来的役割を明らかにしながら、新たに構築するサイトを「中小企業家同友会のポータルサイト」として、2002年にリニューアルオープン。名称を「DOYUNET」とし、TOPページに全同友会のサイトリンク一覧を掲載し、各同友会のサイト更新情報を掲載できる仕組みを導入し、全国の同友会のサイト情報が一望できるコンテンツとなりました。

また、「中小企業家しんぶん」に掲載された情報の2次利用として、「中小企業家しんぶん」発行前に「中小企業家しんぶん」記事を掲載するという状況を作り、各同友会の活動や同友会で学んで実践する会員の情報を蓄積し、体系的に伝えるコンテンツをメインに構成しました。

一方、DOYUNETへのアクセス数を高めるため、希望する読者に更新情報をメール配信するというシステムを搭載し、DOYUNETへのリピーターを増やし、アクセス数を高めました。

さらに、これとは別に2003年5月より全国会員データベースにある会員のメールアドレス宛に、メールマガジンを配信する仕組みを構築し、DOYUNETが更新されるたびに「DOYUNET更新情報ニュース」を配信(最初の対象会員数=13,213社)することで、アクセス数は一気に倍増しました。

また、このメールマガジン機能は各同友会にも無料で提供され、それぞれの同友会では所属会員に一斉メール配信ができる仕組みとして活用され、その後天災時の被害の集約などに威力を発揮しています。

「DOYUNET更新情報ニュース」は、05年4月6日から週1回発行の「DoyuNews」となり、企業紹介を毎号掲載することで、読者層の中心をなす経営者にとって、同友会で何を学ぶか、企業の先進事例に学び、経済交流をはぐくむ媒体として生まれ変わりました。

さらにこの企業紹介のバックナンバーを掲載するサイトを構築し、現在では同友会がめざす企業づくりを実践する企業が185社(08年12月10日現在)掲載され、同友会で学ぶことで経営革新が図れることを実践例で発信するものともなっています。

2009年5月26日には新たなメールマガジンである「中同協ビジネス応援関連ニュース」の配信を開始。対象を会員のみとして、「企業にとって役立つ情報で、特定企業の売り込みにならないもので、1)国や公式機関からのお知らせ、2)幹事会で後援をした団体からのお知らせ、3)中同協の協力団体からのお知らせ」の3つのいずれかを満たす情報を、適宜まとめて配信するようになりました。

(Ⅱ)「中小企業家しんぶん」バックナンバーの全文検索サイトの構築

DOYUNETオープンのプレゼンテーションは、中同協第34回定時総会(2002年、愛知)で行われ、ポータルサイトとしての全面リニューアルとともに、全国会員データベース(会員検索)や「中小企業家しんぶん」バックナンバーの全文検索サイトSINBUN.DOYU.JPの構築が併せて発表されました。

「中小企業家しんぶん」は2001年からのバックナンバーが掲載され、認証付きサイトとして、読者にはID等が告知され、活用されるようになりました。「中小企業家しんぶん」上に掲載された記事ではありますが、過去の運動資産を広く共有することができる環境をつくりました。

(Ⅲ)金融アセスメント法制定運動を支援した金融サイト

2001年から本格的に始まった金融アセスメント法制定運動を発信し、運動の現状を共有するため、02年にテーマ別サイト「金融問題&金融アセスメント法」を構築。各同友会の動きだけでなく、署名数や意見書採択議会の一覧を日々更新し、それがTOPページから常に発信できる仕組みを導入し、運動をリアルタイムで伝えて各同友会の活動を励ますとともに、Q&Aや金融問題を追及するシリーズの掲載が、研究者や行政機関・金融機関関係者などにも反響を呼びました。

(Ⅳ)ホームページ簡易更新システムの構築と提供

2000年代に入り、各同友会ではホームページを立ち上げていたものの、更新には一定の知識と技術が必要なため、体制のない同友会では、ほとんど更新されない状況が生まれ、インターネット上では同友会全体の信用にもかかわる放置できない問題として、情報化促進検討会でも意見が出されるようになりました。

そこで、中同協では2005年からSEO(サーチエンジン最適化)対策も兼ねてRSSに対応したホームページ簡易更新システムを構築し、まず岩手同友会が試験運用に参加、4月に従来のホームページを、提供されたシステムでリニューアルしました。更新頻度が上がったこと、同友会用語を使わなどの工夫したことで、アクセス数が一気に伸びました。携帯電話からもアクセスできるため、役員は同友会の様子を携帯で閲覧することが増えました。マスコミや行政からの問い合わせ、経営者からの入会希望も増え、ホームページを更新しやすくすることでアクセス数が着実に伸び、成果があがることが実証されました。この教訓が2005全国広報情報化交流会(大阪)で報告され、その後、秋田、山形、茨城、埼玉、石川、大阪、鳥取、愛媛、高知、大分などにシステムが導入され、会のリアルな動きを発信・頻繁に更新し、検索ヒット上位にあがるようになりました。

(Ⅴ)DOYUNETの更なる進化

2008年4月14日には、DOYUNETの全面リニューアルが実施されました。これは増え続けたカテゴリーを整理し、画像や動画を取り入れ、簡単に更新できる先の仕組みを全面的に取り入れることで、主だった中同協行事の当日、数日後にはその様子が掲載されるようになりました。また、「中小企業家同友会がわかる」のページには、大阪同友会同友会の作成した同友会紹介動画を中同協版に編集しなおした同友会紹介の動画が掲載されています。動画掲載も初めての試みでしたが、視覚的訴求力があるため、活動掲載の際の動画へのニーズも高くなってきています。

このリニューアル時からDOYUNETのRSSの書き出しを行うようになりました。さらに、これまでのポータルとしての役割をより強化するため、各同友会ホームページのRSSを集約して、TOPに「トピックス新着情報」として掲載し、各同友会サイトとDOYUNET相互のアクセス数を高めることにもなりました。

このページの先頭にもどる

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS