同友会ニュース

【12.06.06】国会内での中小企業憲章推進月間キックオフ集会に32同友会121名集う

 中同協・中小企業憲章・条例推進本部は六月四日、衆議院・第二議員会館において「中同協・中小企業憲章推進月間キックオフ集会」(拡大中小企業憲章・条例推進本部会議)を開催し、三十二同友会・百二十一名の役員・事務局が出席しました。

三井逸友氏(嘉悦大学大学院教授)が講演

講師の三井逸友氏(嘉悦大学大学院教授)  第一部では、鋤柄中同協会長の挨拶、大橋副本部長の趣旨説明の後、講師の三井逸友氏(嘉悦大学大学院教授)が「中小企業憲章の内容実現の検証をどうすすめるか」と題して講演。三井氏は、ヨーロッパではEU小企業憲章やSBA小企業議定書について検証作業を毎年度行い、改善方法を追求しているとし、日本の中小企業憲章においても検証と評価を求めていると強調しました。

中小企業庁、中小企業4団体からご挨拶

中小企業庁の加藤洋一事業環境部長からご挨拶  講演の後、中小企業庁の加藤洋一事業環境部長からご挨拶をいただきました。加藤氏は、EU小企業憲章が制定される前後、EU本部のあるベルギーのブリュッセルに駐在していたので小企業憲章には思い入れがあるとし、中小企業憲章の基本理念の意義を改めて踏まえて中小企業政策を展開したいと述べました。

 さらに、日本商工会議所と全国中小企業団体中央会、全国商工会連合会、全国商店街振興組合連合会の四団体の政策担当の方よりご報告をいただきました。
第一部の最後に、七つの同友会から中小企業憲章の広報学習や振興条例制定・活用運動の進捗状況、六月の憲章月間の取り組みについて報告がありました。

13名の国会議員からご挨拶

取り組みの趣旨と経過を説明する杉村中同協・中小企業憲章・条例推進本部副本部長  続いて、第二部の「中小企業憲章の具現化について各党・国会議員からの発言」では、衆議院経済産業委員会の理事・委員を中心に次の十三名の国会議員からご挨拶をいただきました。



   民主党・中山義活(衆)、櫻井充(参)、北神圭朗(衆)、近藤洋介(衆)、花咲宏基(衆)、杉本かずみ(衆)、自民党・高市早苗(衆)、公明党・松あきら(参)、共産党・吉井英勝(衆)、社民党・吉田忠智(参)、きずな・中後淳(衆)、以上、敬称略。
なお、民主党の増子輝彦、鈴木克昌の二氏は第一部でご挨拶・ご出席をいただきました。また、西村康稔氏(自民党)からはメッセージをいただきました。

同友会史の中で画期的な集会

   集会終了後、東京同友会会議室で総括会議を行い、国会議員や中小企業四団体、中小企業庁が予定通り出席いただき同友会の役員と一堂に会したことは同友会の歴史の中で画期的なことであると集会をまとめました。

 総括会議では、今回の集会が行政や他団体とも連携を深める場となり、国政での中小企業憲章の内容実現のきっかけとなったことを確認。今回の大きな収穫を土台に全国と各地域で実りある成果をめざすことを参加者で誓い合いました。

このページの先頭にもどる

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS