同友会ニュース

【15.01.30】同友会景況調査「DOR」110号を発行しました

 DORは1990年1〜3月期に第1号発行以来22年を経て、2012年4〜6月期で100号を迎えました。この調査は、中小企業家自身による自主的な独自調査として、会内、マスコミ、官庁、研究機関から高く評価されています。また会員企業の景気見通しなど、経営戦略に活用しているとの声も多く聞かれます。

 このたびDOR110号(2014年10〜12月期)を発行しました。調査概要は下記の通りです。

中小企業はすでに“アベノミクス不況”のさなか〜中小企業のダイナミクス(躍動力)が日本経済をたてなおす〜

 2015年の門出のさいさきはとても喜べたものではない。というのは、DORの10〜12月期調査によると業況判断(前年同期比)は全業種で 2014年4〜 6月期以来、水面下のマイナスが三期連続続いていること、しかも4〜6月期△1.7 〜9月期△5、10〜12月期△7と期を追うごとにマイナス幅が拡大をみている。2期以上の水面下のマイナスが続けば“不況”という基準によれば、三期マイナスの現在は明らかに“アベノミクス不況 ”といわざるをえない。しかもマイナス幅が拡大していることは脅威である。(概要本文より抜粋)
詳しくは本文をご覧ください。

DOR110号(2014年10〜12月期)(PDF 3725KB) 
*以前のものはこちらからダウンロードすることができます。

このページの先頭にもどる

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS