調査・研究

企業環境研究センターの刊行物

「同友会景況調査報告(DOR=ドール)」

頒価200円(送料別)・年  1.4.7.10月発行

「年頭 中小企業経営の展望レポート (年頭展望レポート)」

最新号(2016年2月発行、第5号)の主な内容

●PDF配信
http://www.doyu.jp/research/issue/outlook_report05.pdf(本文)

1)報告

1.世界経済と中小企業〜アメリカ金融緩和、欧州政情の行方、アジア・新興国の趨勢 ………飯島寛之(立教大学経済部准授)
2.中国経済の行方〜中国経済の現状と日本企業の対応 ………植田浩史(慶応義塾大学経済学部教授)
3.新自由主義経済政策と地域・中小企業〜アベノミクス第2ステージの行方、TPP・法人減税等の問題点、地域創生 ………吉田敬一(駒沢大学政経部教授)
4.中小企業景気のいまと地域振興〜今日の中小企業景気、中小企業振興基本条例による地域振興の広がり
………菊地 進(立教大学経済学部名誉教授)
5.中小企業経営戦略と同友会運動〜中小企業の経営戦略、同友会運動の位置
………松井 清充(中小企業家同友会全国協議専務幹事)

2)討論

  • 今日の世界経済特徴と日本へ影響をどうみるか
  • 同友会への期待〜中小企業に求められる時代認識とは

「企業環境研究年報」

年1回  12月発行
≪目的≫

  1. 中小企業や地域経済に関わる研究成果及び同友会運動に関わる研究成果を掲載し、この分野での理論的発展に貢献する。
  2. 若手研究者に論文発表の場を提供し、中小企業研究に携わる研究者を支援する。
  3. DOR調査に関連する研究成果を発表する。
  4. 中小企業家同友会全国協議会等同友会運動の研究・分析及び対外広報として位置づけ、全国の大学、行政機関、その他団体と資料交換等を行う。

このページの先頭にもどる

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS