トピックス

時代の変化を味方につけて、一歩先の未来へ 第17回あいち経営フォーラム【愛知】

 11月22日、第17回を迎えるあいち経営フォーラムが開催され、1097名が参加しました。

 全体会から開始され、冒頭に加藤明彦会長が「愛知全体の会員と交流し、経営のヒントを見つけてほしい」とあいさつ。来賓の長谷川靖東海財務局長からは、「地域の金融仲介機能の質の向上に向け、現場の実態を教えていただきたい」、田島雅敏中部経済産業局産業部長からは、「こうした機会に先見的な経営を学び、収益を上げていただきたい」とのあいさつがありました。

 基調講演では、嘉悦大学ビジネス創造学部教授の黒瀬直宏氏が「独立中小企業をめざそう」をテーマに講演しました。世界的な経済情勢の変化から、「自分の仕事は自分でつくりだす」独立中小企業にならなければ生き残れないとする黒瀬氏。そのためには、自社の事業分野を見据え市場のニーズを掘り起こす戦略や、「労使見解」に代表される人間尊重の精神を経営理念に据えることが必要で、それにより中小企業の発展のみならず、社会全体を変えていくことになると熱弁しました。

 分科会では、「経営者の責任」「経営理念を実践する過程」「人を生かす経営の実践」「市場・顧客及び自社の理解と対応状況」「付加価値を高める」の5つのカテゴリーで、見学分科会を含む16の分科会を設営。参加者は自社の経営課題に沿う分科会で学びを深めました。

 交流会では、来賓の波多野淳彦中部経済産業局長より、フォーラムのテーマである「同友会らしい先見企業づくり」への理解と、地域経済や社会を支える中小企業への期待が寄せられました。参加者は和やかに懇親を深めました。

「中小企業家しんぶん」 2016年 12月 15日号より

このページの先頭にもどる

トピックス

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS