トピックス

【人を生かす経営 4委員長インタビュー】第4回 障害者問題委員会 人間らしく生きられる社会づくりを 中同協障害者問題委員長高橋 正志氏((株)マスカット薬局 代表取締役)

社会は急激に変化を迎え、今までの採用活動や教育、人々の生き方や働き方などのあり方を変え、中小企業経営にも大きな影響を与えています。経営者は、時代の変化に合わせて対応していく、企業づくりへの問い直しが求められています。そこで、人を生かす経営推進協議会関連委員長に「これからの企業づくりをどう考えるか」について話を聞きました。今回は障害者問題委員長の高橋正志氏です。

 もともと病院の勤務薬剤師をしていましたが、ある病院の院長との出会いをきっかけに独立しました。

 最初は比較的順調だったのですが、店舗数が増えて社員が30人ほどになったころ、さまざまな問題が浮上してきました。仕事に不満を持つ社員が次々に退職し、患者対応をめぐるトラブルも頻発して、当時の私は何をどうすればいいのかまったくわからない状態でした。悩んだ末に門を叩いたのが同友会です。すぐに経営指針成文化研修会を受講し、完成した指針書を1年後に社内で発表しました。その時、社内の問題から目を背けて課題解決を先送りにしてきた今までの自分を全社員に謝罪し、経営者として再出発することを約束しました。振り返ってみると、あの時のことが現在の私の原点であり、「薬剤師」から「経営者」に生まれ変わった瞬間だったと思います。

「生きる・暮らしを守る・人間らしく生きる」

 同友会に入会して1年ほど経ったころ、岡山でも障害者問題委員会を立ち上げることになり、初代委員長に選任されました。全国行事や県外会議に参加する機会が増え、各地の素晴らしいメンバーと出会えるようになりました。そうした人たちとの交流や先進事例から得た学びは、私にも当社にも大きな影響を与えてくれました。

 とりわけ、赤石義博・中同協元会長との出会いは決定的でした。同友会理念の「自主・民主・連帯の精神」の深い意味である「生きる・くらしを守る・人間らしく生きる」の精神や、人間尊重の経営の深い意味についてさまざまなことを教えて頂きました。赤石さんは「『人間らしく生きる』ために最も大切なのは命の尊厳性であり、障害の有無に関わらず命の重さは誰もが同じ。それが民主主義の原点だ」とよくおっしゃっていました。私は、障害者問題委員会はその精神を実践する重要な役割を担っていることを確信し、委員会活動にもますます精力的に取り組むことになりました。

地域の人々の生命と健康を守る

 当社は障害者手帳を持っている社員を設立当初から雇用しているので、結果的に23年間ずっと障害者雇用をしているということになります。したがって、障害者を取り巻く社会的な問題は、私にとっても当社にとっても常に身近であり、何ら特別なものではありません。

 また当社の使命は「地域の人々の生命と健康を守ること」です。決して薬を売ることではありません。この考え方に基づき、出張健康教室や管理栄養士による栄養指導、日常的な運動やアロマに関するレクチャーなどさまざまなことに取り組んでいます。社員も、そのために必要となる学習や資格取得などに積極的に取り組んでくれています。

 こうした取り組みは、薬局として将来を見据えた経営上の戦略でもあります。患者は、処方箋さえ持って行けば、全国どこの薬局でも同じものを同じ価格で手に入れることができます。その意味で他社との差別化が難しい業態ですが、当社は自社の独自性を地域との関わりの中に見いだそうとしています。コロナ禍でさほど影響を受けなかったのも、地域との日常的な関わりを持ち続けてきたことが大きな要因の1つだと考えています。これも、経営指針を作成して企業目的と将来ビジョンを明確にしていればこそだと思います。

「人を生かす経営」の総合実践を

 現在、全国的に薬剤師が不足している上、コロナ禍で十分な採用活動が展開しにくいため、どこの薬局も人材獲得に必死です。当社もずっと続けてきた新卒採用が中断しそうになったのですが、社員が自分たちでYouTubeの動画配信に取り組んでくれたおかげで、今のところ順調に進んでいます。また、社員教育に関しては、新入社員に対して同年代の先輩が指導したり、成長の度合いを一緒に振り返る「メンター・エルダー制度」を取り入れています。メンタル面のフォローがしっかりできるようになり、定着率も大幅に向上しました。もちろん、「社員共育大学」や「幹部社員大学」といった岡山同友会の社員教育プログラムもフル活用しています。

 「人を生かす経営」を実践する上では、障害者問題委員会の活動だけではなく、経営指針や採用と教育についても力を注ぎ、それらを自社経営に総合的に反映させることが何よりも大切だと実感しています。

会社概要

設立:1998年
従業員数:103名
事業内容:薬局、保険調剤(各種保険取扱)、一般用医薬品販売
URL:https://muscat-pharmacy.jp/

「中小企業家しんぶん」 2022年 9月 15日号より

このページの先頭にもどる

トピックス

携帯用二次元バーコード
携帯対応について

更新情報RSS